田舎で働く税理士の日記

<国民健保>昨年、保険料支払えず死亡は33人 民医連調査(毎日新聞)

 全日本民主医療機関連合会(民医連)は11日、国民健康保険の保険料が支払えなかったことなどによって病院に通えず死亡した人が、09年の1年間に少なくとも全国で33人いたと発表した。「無保険」状態は全体の約7割に達し前年と比べほぼ倍増。保険証があるにもかかわらず、自己負担が高額なことから受診せずに死亡した人も10人いた。

 民医連加盟の病院や診療所など約1760カ所で調査。国保料を支払えず、死亡した人は男性27人、女性6人。死亡数は08年(31人)とほぼ変わらないが、国保の支払いを滞納したため保険証を取り上げられ、全額自己負担となる資格証明書も交付されていない「無保険」状態だったのは23人で、69.7%に達した。資格証明書を交付され、死亡した人は4人(12.1%)、有効期限が短い短期保険証交付者は6人(18.2%)だった。厚生労働省によると、国保を滞納しているのは、09年で約445万世帯。

 民医連の長瀬文雄事務局長は「今回の事例は氷山の一角で『無保険』状態で亡くなる人は増えているとみられる。経済的理由から受診できず亡くなる人は大変な思いをしており、政府は人に優しい政治を重視してほしい」と訴える。【河内敏康】

【関連ニュース】
高齢者医療:65歳以上は国保加入 財政別建て 厚労省案
消された年金:記録訂正の確認手段 厚年基金や健保でも
国民健康保険:軽減後の収入ごとの保険料試算公表 厚労相
国保:失業者の保険料軽減 前年給与、3割で算出
高齢者医療:65歳以上は国保加入 財政は現役と別建て−−厚労省が新制度案

<大雪>青森・八戸で61センチ 宮崎9年ぶり降雪(毎日新聞)
「何となくムカツク」 元同級生を集団リンチした少年3人逮捕(産経新聞)
「贋作」描いた画家に無罪=「自白信用できず」−頼まれ東山作品など―岡山地裁支部(時事通信)
<事業仕分け>第2弾 4月と5月の2回に分けて実施(毎日新聞)
小沢幹事長、鳩山邦夫氏との協同考えず(産経新聞)
[PR]
by bp28erguk7 | 2010-03-18 03:52
<< <前原国交相>4全総の高速道計... 火災 民家から出火 男性?1人... >>